ご 挨 拶

NPO法人高崎第九合唱団 団長  赤羽洋子

1974年結成された高崎第九合唱団は音楽を愛する仲間に大切に守り育てられ46年間という長い間歌い続けてまいりました。

昨年は「高崎芸術劇場こけら落とし公演」と言う素晴らしい機会を頂き、300名近い団員で感動を味わい合唱団創立以来の快挙と団員一同感激を新たにしております。46年間には世代交代しつつもテーマのBeethoven「歓喜の歌」を追い求め常に情熱を持ってより高い音楽を目指して発展しています。46回に及ぶ暮れの第九公演、単独合唱団として9回のヨーロッパ公演を成功させ「音楽に国境はない」を合言葉に民間による国際交流の実績を上げる事も出来ました。

新型コロナウイルス問題で音楽を取り巻く環境も社会情勢も大きな変化が有るかもしれませんが「音楽を愛する心」を一つに高崎第九合唱団としての誇りをもって前進してまいります。

第10回ヨーロッパ公演を2022年10月、音楽の都ウィーン「楽友協会」で予定しています。高崎第九合唱団による「歓喜の歌」をご一緒にウィーンの空に響かせましょう。

人類に音楽が有る限り、多くの夢と素晴らしい音楽を創る楽しさと喜びを求め、難局を乗り越えて未来に向けて更なる飛躍を最大限に発信し続けてまいります。