新型コロナ感染症による厳しい社会情勢が続く中、高崎第九合唱団の一大イベントである「メイコンサート」の中止が決まり、無念の一言です。
しかし、団員の合唱を愛する気持ちと「コロナに負けないぞ」という前向きな気持ちは現在の練習状況にも反映されていて、多くの団員が積極的にパート別練習に参加し、4月中旬の全体練習では約100人の団員が参加しました。久しぶりの大合唱の迫力とハーモニーの美しさに参加された皆さんは心ときめく時間を過ごされたのではないでしょうか。このような高揚感は私たちの免疫力を高める効果が有ったと思います。
 高崎第九合唱団はこれからも、「今できること」を慎重に選択し、細心の注意を図りながら音楽を通して、団員の「自己実現と社会貢献」を目指します。
ワクチン接種が予想より遅れていますが、国全体の「集団免疫獲得」までは今まで通りの警戒心と注意を怠らずに日常を重ねてまいりましょう。

NPO法人高崎第九合唱団
事務局長 沼賀 信宏
(4月15日)

お問い合わせは事務局まで。
takasakidai9@gmail.com